IT導入補助金とは


IT導入補助金は、中小企業・小規模事業者等のみなさまのIT化を促進することで、業務効率化・売上アップをサポートするものです。

このサイトでの補助対象となる事業とは
申請を希望する方々(補助事業者)が、自社の強み・弱みを認識、分析し、生産性向上に資する方策として、IT支援事業者(Office 侑)が登録するITツールを、検討した上で導入しようとする補助事業者に対し、当該ITツールの導入費用の一部を経済産業省が補助するものです。

※事業実績報告時に事務局へ報告する「納品日」を起点として「1年間」の全費用が対象となります。

IT導入補助金は制作費用の1/2以内に当たる補助金を受け取ることができます。
ホームページ作成代金及び1年間の経費が30万円以上の場合が交付対象となり、この場合の受取金額は15万円。
ホームページ作成代金及び1年間の経費が100万円の場合、50万円が補助される画期的な補助事業です。

これから自社ホームページを持ちたいとお考えの方
ホームページは持っているけど、商品別のランディングページは持っていないので作りたいとお考えの方
新しいホームページを制作する場合にIT導入補助金を受けることができます。

★ こんな時は?どうするの? ★
既存サイトに活用したい 既存のサイトは全ファイルを削除し、新たにITツールを活用したホームページにリニューアルする場合、補助金の対象となります。
既存サイトとは別に、ECサイトなどのITツールを活用した通販サイトの制作で活用したい 既存サイトとは別に「ECサイトの新規作成」として補助金の申請は行えますが、補助金の審査が通らない場合があります。

既存のサイトは全ファイルを削除し、EC機能を持ったITツールのホームページにリニューアルの場合は、補助金の対象となります。リニューアルを含めた「新規作成」での申請を強くお勧めします。

補助対象経費は? ① ソフトウェア、クラウドサービス
② 導入ツールの機能拡張/データ連携ソフト
③ ホームページの利用料(ドメイン・サーバーの年間利用代金)
④ アカウントID追加/クラウド年間利用料追加
⑤ 保守・サポート費(最大1年分)
⑥ 導入設定、業務コンサル、マニュアル作成、導入研修
⑦ セキュリティ対策
対象にならない経費は? ・ハードウェア購入費
・ソフトウェア導入に係るレンタル、リース費用
・ソフトウェアを開発する際の開発基盤のみ
(業務機能を有す SaaS は対象、PaaS、IaaS は対象外)
・OS費用
・特定の業務機能を持たない製品のみの導入
(ただし、業務に特化したアドオンやテンプレート等を付加することで、業務機能を発揮する場合は補助対象となる)
・導入するITツールに大幅な変更を加えるカスタマイズ
・スクラッチ開発(ただし、ホームページ制作は除く)
・既存のホームページの一部機能強化及びコンテンツの追加等
・広告出稿料及びバナー広告購入費用
・補助金申請、報告に係る申請代行費
・公租公課(消費税)
申請・手続きの概要 申請方法の詳細はこちらをクリックしてください。
ページ上部へ戻る